個人指導のメリット

先生が一方的に授業を行うわけではない

学校における授業の方法としては、一人の先生が多くの生徒に一方的に教科書の解説などをしていきます。先生の数が少なく生徒の数が多い時、この方法は非常に効率的に多くの生徒に教えられます。ただすべての生徒がその授業に合うわけではなく、理解ができなくて遅れてしまう生徒もいれば、既に理解している内容だとつまらないと感じる生徒もいます。集団塾も学校の授業方法に近くなるので、全ての生徒に合った授業が行われるわけではありません。個別指導塾は、生徒の学習スピードに合わせた指導が行えます。生徒がどんどん勉強を進めていき、わからない部分の質問をします。自分のペースで行えるので、授業についていけなかったり飽きたりする状況を防げます。

クラブ活動やその他の活動と両立しやすい

中学以上になると、クラブ活動などに参加できます。スポーツに打ち込んだり、先輩や後輩とコミュニケーションをとるなど通常の学生生活とは異なる活動ができます。その他学校外でスポーツなどの活動に取り組む人もいます。集団塾を利用するにあたっては、曜日と時間などが指定されるので、それに合わせて塾に行く必要があります。クラブ活動などで行けない授業があると、その後ずるずる遅れてしまう可能性があります。個別指導塾も一応曜日と時間を指定して利用しますが、授業に遅れが生じるなどはありません。何度も行けないとその分遅れますが、1か月に1日ぐらい遅れるぐらいなら自分で勉強のペースを上げれば簡単に取り戻せます。他の活動の両立がしやすいメリットがあります。