個人指導のデメリット

個人指導を受けて良いか悪いか確かめ、最適な方法を決めよう

塾を選ぶ時は自分に合った学習方法を決めないとうまくいかないもので、個人指導を受ける前にデメリットを知ることが大事です。教師からマンツーマンで教えてもらう方法は人間関係が悪くなると意味がなく、学費が高いため失敗するとそれなりにリスクを伴います。塾で学ぶ時は予習してテキストの内容を事前に確かめ、教師に教えてもらい疑問があればその場で聞けるようにすると効果的です。

このように、個人指導は質問をしやすくて便利ですが、人間関係が悪くなると意味がないため合っているか確かめる必要があります。
また、個人指導は通常の方法よりも学費が高いため親と相談し、了承してもらえれば失敗をしないように段取りを決めて学んで下さい。

カリキュラムの内容を確かめ、成績を伸ばせるようにする

塾はただ単に通って学ぶことだけでなく、カリキュラムの内容を確かめて志望校に合格できるように対策を講じる必要があります。個別指導は事前に予習をしないと進めにくく、指導を受けて正確な知識を積み重ねるようにすることが大事です。個別指導はライバルがいないため切磋琢磨できないなどデメリットも多く、逆に集団で受けるほうが合っていることもあります。勉強は人によって様々なやり方がありますが、合わない方法を続けても効果が出ないため注意が必要です。 このように、個別指導はデメリットも多く、事前に内容を確かめてやりやすい方法を探すと良いでしょうね。 また、個別指導は予習や復習をしないと意味がなく、先生との関係が悪くならないようにして下さい。