集団指導のデメリット

弱点克服なら個別型が良い

集団指導といえば、必ずしもメリットばかりがあるわけではありません。「集中できない」や「個人のペースに合わせてくれない」などのデメリットがあることも事実といえるでしょう。中学受験や高校受験、大学受験などと日本には多くの受験機会があることも現実です。
自らの志望校合格を目指す生徒にとっては、塾で学ぶことに期待を寄せることになるのではないでしょうか。都心の駅前などには、たくさんの塾や予備校が教室を開いており、生徒の獲得競争が繰り広げられています。個別型や集団型などと複数の形態がある中から自らに合ったところを選ぶことになるのです。みっちりと自分の弱点を克服したいのであれば、個別型が良いかもしれません。マンツーマン指導で徹底的に教えてくれます。

集中して学ぶことが大事

「仲間や友達と一緒に学びたい」という思いを持つ人がいるのも決して不思議なことではありません。そのようなタイプの生徒が選ぶことになるのが、集団指導型の塾や予備校。先生とのマンツーマン指導では、緊張して授業に集中することができないという人も多くいるものです。
しかしながら、集団指導型のマイナス面ともなるのが、仲間や友達が近くにいると集中して授業に臨むことができない子供もいるという点です。先生がいくら重要なポイントを説明しても、真剣に取り組まなければ結果に結びつきません。塾や予備校に求められるのは、成績を向上させるということに尽きます。国語や算数、英語に社会などいずれの科目にも共通していえることです。

高校生の塾は難関大学への進学率が高い所を選ぶと良いです。塾によって自分の将来が左右されると言っても過言ではないです。